2018年8月5日

ミズノカップ2回戦

松本までの移動で車に酔い

嘔吐して帰宅した選手がいた

一年後のミズノカップ

気温34℃のマウンドを一人で投げ抜き

勝利投手となった瞬間

熱中症で倒れたこの選手こそ

チームの為に自分を犠牲にして奮闘した

キャプテンだ

10月の大会 決勝戦

最後のバッターを三振にとると

彼は振り返り

後ろで守り続けた仲間に向かって

ガッツポーズをした

心を奪われた

良いキャプテンになった

 

 

4年から試合に出続けた

この女の子は

6年になると

エースナンバーを背負っていた

周りの評価や己のプライドが

時としてプレーの

邪魔をした

「男も女もねーんだよ!」

「試合で誰か加減してくれるのか?」

「あまえんな!」

左肘の治療を続けながら

キャプテンと二人でマウンドを守り

今年1645球を投げた彼女は

17個の勝利をチームに残し

次のステージへ向かった

 

 

「やる気だけじゃ自分のほしい背番号は取れねーんだよ!」

「結果だしてみろ」

一年間言われ続けた

副キャプテンは

野球辞めちゃうかも?

周りの誰もが心配した

でも彼は違った

自分の個性に気付き

努力し続けた彼は

いつしか内野の要となり

ダイヤモンドの中では

誰よりも早い選手になった

中学でも野球

やります

力強く彼は言った

 

 

一年前キャッチボールもままならない女の子がいた

上手になりたい

試合に出たい

指導者の目にも分かる

その子の意志は

他の選手の手本だった

熱の入った指導が始まり

誰よりも辛いノックを受け

何度も挫けそうになった彼女は

内野を勝ち取り

4番を打った

 

 

 

決して恵まれたチームではなかった

どっしり構えて戦った試合など

一度も無い

しかし

何度も何度も叩きのめされても

諦めず這い上がり

戦い抜いた君たちは

本当に

いいチームだった

最後の試合の後

初めて声が震え

初めて涙を我慢できなかった

 

お前たちは本当に頑張った

誇りに思います

 

 

ありがとう