平成29年9月23日 千曲川大会 vs川田保科少年野球

初戦、川田保科少年野球。

初回、打ち取った内野ゴロを悪送球。

バンド処理でカバーが遅れ、次も悪送球。

更に、悪送球、暴投。

あっという間に6点を献上。

風邪で欠場の選手がいて、内野の守備位置の変更があったにせよ

目も当てられない状況。

1回表で30分経過。

試合は追い上げるも3回で時間が来て 4-6 で初戦敗退。

ウチは練習してきたこと、準備してきたことを全て出し切らないと

勝負にならないチーム。

敗因は明らか。

試合前のアップ。試合前の準備、行動。気持ち。

試合前から、道具の乱れ、行動の緩慢さ、集中力のなさ、

そんな事を注意されていて勝負になるわけが無い。

試合は月曜日から始まっている。

平日の素振り、前夜の準備、朝からの行動。

プレイボールの声を聞いてから試合を始めているようでは

力を出し切れるはずが無い。

練習のための練習。準備のための準備。言われてからの行動。

よく思い出してほしい。いつも言われていること。

全ては試合のためであるということ。

試合のための練習。試合のための準備。試合のための行動。

いい教訓、苦い経験になったはず。

前週の優勝での緩みもあった。

もう一度初心にかえり、生まれ変わるきっかけの試合にしてほしい。