2016年5月29日 千曲川大会交流戦 (徳間少年野球)

3試合目は、徳間少年野球さんです。

ユウト、ムネキが居ない中で、先発のマウンドには

練習試合でも1回も投げていないタクミを送り出しました。

当然、初めてなのだから、うまくいかなくて当たり前。

初回、制球に苦しみながらも1失点に抑えます。

裏の攻撃、ノーアウト3塁2塁のチャンス。

3番バッター、スクイズ失敗からの三振。

4番三振。5番ピッチャーゴロ。で無失点。

タクミは、3回を投げて2失点。 初先発にしては合格点です。

攻撃は3回のチャンスにも3番、4番、5番が全く機能せず、

1-2のまま最終回。

いくらバッテリーであり、攻撃の要でもある2人が居ないと言っても、

精彩を欠いているナインに、

「勝ちたいと思う気持ちが全く伝わってこない。」

「一番大切な 気持ち っていうものが、お前たちには足りない!」

とN監督の怒りが爆発!

すると、先頭バッターのカイセイがこの日一番気持ちの入ったスイング。

惜しくもレフト正面でアウトになりますが、この気持ちが次のユウタに伝わります。

しぶとくセンター前に抜けるヒットで出塁すると、すかさず2盗。

リョウマの内野ゴロの間に迷わず3進。

2アウト3塁。

バッターはコウキ。

2回裏と全く同じ場面。そのときはサインを間違えて凡退し、

N監督の雷が落ちていました。

同じミスを二度はしない。というN監督との約束どおり

今回は、絶妙な3塁線へのセーフティースクイズで、同点。

すかさず、2盗。

そして、マサトのヒットで迷わず本塁に滑り込み、

サヨナラ勝ち。

ベンチも必死に応援し、気持ちの入った最終回でした。

286 296 297 299 305 307 319 310 322 333 344 346